買取で効率的に処分

さて、前述でお金を支払いバイク処分する方法について紹介しましたが、手放し方はこれだけに留まりません。支払うどころか、処分によってお金が手に入る方法も存在します。どうせ手放すのなら、お金を得て処理する方がきっと魅力的に感じられることでしょう。せっかく長く乗り続けた思い入れあるマシンであれば、なおさらです。できるだけ大きな価値をつけてもらいたいところでしょう。

お金を得て手放せる方法とは、買取によっての処分です。状態によっては買取不可であることも考えられますが、基本的には高い確率で買い取ってもらえます。冒頭でも触れている通り、バイクの愛好家は少なくありません。そのため、ある程度状態が理想的でない場合でも転売需要は見込めるので、買い取ってもらえる可能性は高いのです。

買取先ですが、ずばり専門の買取業者となります。買取による効率的な処分は結構ベーシックな方法として認知されています。そのため、ひとたびネットや専門誌を開けば、業者は多数見つけられることでしょう。無料見積もりを謳う業者も多いので、気になったらまずは相談してみてください。もちろん金額に満足いかなければ、処分を見送ることもできますし、また他業者と比較検討してみても良いでしょう。

【関連資料】バイク買取依頼:バイクランド

バイクの処分方法

正規の方法による不用品処分を考えるとき、自治体への依頼が一般的に感じられるかもしれません。通常のゴミ、粗大ゴミなどの処分や回収も、基本的には自治体が担当します。ですがバイクに関しては、一概にこれに当てはまらないというのが現状です。どういうことかというと、アクセサリー類はゴミとして処分できるものの、本体は受け付けられていないのです。自治体を利用したい場合は、アクセサリー類の処分のみ検討しましょう。主には、バイクシートやハンドルといった部分です。一般的な粗大ゴミと同様に、ゴミ処理券を購入して正規に引き取ってもらいます。

では本体も含めて処分するにはどうすればいいかといえば、それは専門の回収業者に任せる方法になります。やはり回収となるとそれなりの費用が必要となるわけですが、およそ2,000~8,000円となっており、そこまで高額でもありません。家具家電処理の場合とも、そこまで大差はありません。さらに原付きサイズともなれば2,000円ほどで済む場合もあります。この程度の処分費用を節約するため不法投棄して、1,000万円以下の罰金支払いが命じられるなど、ばかばかしいもいいところです。無料見積もりしてくれる良心的な業者もあるので、ぜひ検討してみてください。

不要なバイクは適切に

いくらあなたのバイクが不要な状態であるからといって、道端に捨てるなどという行為はまずおすすめできません。常識やマナーの面から考えてもまずありえませんし、不法投棄はその名の通り法律違反です。正しい処分が面倒である、処分費用を抑えたいといった理由があったとしても、絶対に避けるようにしましょう。あとあと後悔するのは自分自身ですし、愛着のこもったバイクもまた、きっといい気分ではないでしょう。

ではいったい、バイクの不法投棄で罰せられるとどのような罰則を被るのでしょうか。まず、個人に関しては5年以下の懲役、もしくは1,000万円以下の罰金または両方といった罰が与えられます。所有物を捨てるという単純な行為でありながら、前科者の肩書きがついてしまうわけです。まったくもって非効率といったところでしょう。罰金に関しても決して安くはありません。

さらに重くなるのが、法人の場合です。罰金額はぐんとはね上がり、なんと3億円以下の罰金が科せられる形となります。夜道や山奥で誰も見ていないから問題ない、少しでも処分費用や手間を浮かしたい、そんな一瞬の気の迷いは、人生をも左右しかねません。かならず、正規の方法で処分するよう心がけてください。

大事なバイクの処理

車ほど寛げるわけでもなく、大人数で移動できるわけでもないバイクですが、愛好家の人は少なくありません。車に利便性で劣る面がありながらも、風を切りながら心地よいエンジン音と共に快走できる快感は、えもいわれぬものがあります。そしてその相棒となるマシンに愛着を持つ人は、数多くいます。あらゆる旅を共にするパートナーなわけですから、いち移動手段以上の存在感すら見出せるのです。パーツオプションやメンテナンスにこだわる人が多いこと、また専門誌やショップが多数存在することからも人気が窺えます。

そんな大事なバイクなだけに、いざ処理するときがくるとなると、容易には手放しにくいことでしょう。長きに渡り連れ添った相棒ですから、モデルチェンジや故障のためであったとしても、それこそ長年付き合った恋人との別れのようにすら感じられてくるかもしれません。同じ処理であっても、より理想的で正しい方法によって手放したいものです。

今回特集したのは、そんなバイク処理に関する情報です。適切な処分方法、効率的な手放し方など、バイク愛好家でも後悔しないような正しい方法をまとめています。大事なバイクなわけですから、適当に手放すなんてとんでもないといったところでしょう。同じ別れであっても、気持ちを込めておこなうのとそうでないのとでは、わけが違ってきます。恋人とのそれとも、一緒です。自分が後悔しないよう、そして大事なバイクもまた悲しまないよう、正しい理想的な方法を知ってください。