不要なバイクは適切に

いくらあなたのバイクが不要な状態であるからといって、道端に捨てるなどという行為はまずおすすめできません。常識やマナーの面から考えてもまずありえませんし、不法投棄はその名の通り法律違反です。正しい処分が面倒である、処分費用を抑えたいといった理由があったとしても、絶対に避けるようにしましょう。あとあと後悔するのは自分自身ですし、愛着のこもったバイクもまた、きっといい気分ではないでしょう。

ではいったい、バイクの不法投棄で罰せられるとどのような罰則を被るのでしょうか。まず、個人に関しては5年以下の懲役、もしくは1,000万円以下の罰金または両方といった罰が与えられます。所有物を捨てるという単純な行為でありながら、前科者の肩書きがついてしまうわけです。まったくもって非効率といったところでしょう。罰金に関しても決して安くはありません。

さらに重くなるのが、法人の場合です。罰金額はぐんとはね上がり、なんと3億円以下の罰金が科せられる形となります。夜道や山奥で誰も見ていないから問題ない、少しでも処分費用や手間を浮かしたい、そんな一瞬の気の迷いは、人生をも左右しかねません。かならず、正規の方法で処分するよう心がけてください。